年会のご案内

  1. TOP
  2. 年会のご案内

第25回年会予告!
開催日:2022年7月2日(土)・3日(日)予定
開催地:北海道科学大学(札幌市) 年会頭:坂東 勉(北海道科学大学 教授)
−来年は北海道札幌でお会いしましょう!−


第24回 日本地域薬局薬学会年会

メインテーマ
「コロナ禍における地域薬局の新たな展開」

開催日: 2021年6月26日(土)15:00~18:00
2021年6月27日(日) 9:00~16:30
開催地: 星薬科大学(東京都品川区荏原2-4-41)
会場:オンライン開催
年会頭: 町田 昌明(星薬科大学 実務教育研究部門 教授)
主 催: 日本地域薬局薬学会
☆事前参加申し込みの締め切り:6月7日(月)*オンライン開催のため当日参加不可
☆一般演題申込・要旨原稿締め切り:4月30日(金)


年会へのお誘い

年会頭
第24回日本地域薬局薬学会年会 年会頭
町田 昌明(星薬科大学 実務教育研究部門 教授)

 この度、第24回 日本地域薬局薬学会年会 年会頭を務めさせていただくことになりました。本年会は新型コロナウイルス感染症が収まらない状況下での開催となりますが、精一杯尽力して参りますのでご協力の程よろしくお願いいたします。
 今回の年会テーマは「コロナ禍における地域薬局の新たな展開」とし、星薬科大学(東京)でオンライン開催といたします。
 昨今の薬剤師を取り巻く環境は、大きく変化しております。厚生労働省が提出した「医薬品医療機器等法(薬機法)等を一部改正する法律案」が、国会で可決されました。その内容は「住み慣れた地域で患者が安心して医薬品を使うことができるための薬局薬剤師の在り方の見直し」であり、具体的には、「薬剤師が調剤時に限らず必要に応じて患者の内服状況を把握し、服薬指導をする義務」が含まれています。さらに、入院時や在宅医療において他施設と連携する「地域連携薬局」や がんなどの専門的な薬学管理で他施設と連携する「専門医療機関連携薬局」を定めることになっています。加えて、同省は「調剤業務の在り方について」の通知を都道府県に発し、調剤に関わる非薬剤師の業務内容を明確に示しました。これは、従来の薬局薬剤師の在り方を根底から変える内容でもあり、調剤を主とした業務からの大きな変革が薬剤師に求められていることを意味しています。
  これらを受けて、今回の年会では「健康サポート薬局の新たな取り組み」、「医療機関等との新たな連携体制」、「高度薬学管理に対する新たな取り組み」の 3 つのシンポジウム、さらに2つの特別講演を設定いたしました。最新の情報を参加して頂く皆様とともに共有し、今後の地域薬局の在り方を社会に発信していく年会にしていきたいと考えております。
皆様の年会のご参加を心よりお待ちしております。


<年会プログラム>
6月26日(土)会場:星薬科大学 オンライン開催
15:00 開会挨拶
15:10〜16:10  シンポジウムⅠ「健康サポート薬局の新たな取り組み」
(15:10~15:40) S1-1「地域の方の暮らしを視ることが出来る薬剤師」
クリーン薬局・品川区薬剤師会 大木一正
(15:40~16:10) S1-2「認知症の一次から三次予防に対する薬局薬剤師の役割」
アイン薬局熊谷すえひろ店 鳥塚 剛
16:10〜17:10  シンポジウムⅡ「高度薬学管理に対する新たな取り組み」
(16:10~16:40) S2-1「公開レジメンの副作用チェックシートと患者のフォローアップ
-品川薬剤師会の取り組み-」すばる薬局 品川区薬剤師会 原山まり子
(16:40~17:10) S2-2「PBPM導入におけるテレフォンフォローアップとトレーシングレポートの
地域での運用」クオール株式会社 ホールディング 村田勇人
17:10〜18:00  特別講演1
「地域包括ケアシステムにおける薬剤師・健康拠点・薬局の役割と期待について」
厚生労働省 医薬・生活衛生局 総務課長 込山愛郎

6月27日(日)会場:星薬科大学 オンライン開催
  9:00〜11:00  一般演題 (口頭発表)8題
11:10〜12:10  特別講演2「地域共生社会実現と地域連携薬局について」
青森県薬剤師会 会長 木村隆次
12:10〜13:10  〔休憩〕
13:20〜14:35  一般演題 (口頭発表)5題
14:40〜15:00  日本地域薬局薬学会 総会
15:10〜16:10  シンポジウムⅢ「医療機関との新たな連携体制」
(15:10~15:40) S3-1「ICT機器を活用した調剤薬局と医療機関等の連携」セコム杉並薬局 長野一勢
(15:40~16:10) S3-2「薬剤師の経口抗がん薬に対する関わり方
-薬剤師が必要と言われる時代はすぐそこ!!-」がん研有明病院 薬剤部 川上和宣
16:10〜16:20  閉会挨拶 日本地域薬局薬学会会長 栂安雅満(つがやす薬局 代表取締役)
16:20〜16:40  優秀発表の表彰 次回年会頭挨拶 (閉会式)
  



認定研修単位の取得について

1.取得単位数 26日(土)2単位、27日(日)4単位とし合計6単位となります。
(研修単位はプロバイダーである星薬科大学が発行します。)
2.取得申請方法 研修シールが必要な方はあらかじめ、電子メールにて年会事務局宛
(E-mail:n-wakui@hoshi.ac.jp)に「認定研修単位シール必要」と明記の上、薬剤師登録番号及び送付先住所を記載して薬剤師免許証の写真又はコピーのPDFファイル(何れも薬剤師登録番号が確認出来るもの)をファイル添付して送信して下さい。
3.単位シール送付  学会参加者の出席確認(Zoomによる)を行ったうえで、後日、年会事務局より郵送させていただきます。





年会参加申込要領

一般演題発表者も参加申込のお手続きを頂きますようお願い致します。

1.参加費(今年度はオンライン開催により事前登録のみになります)
参加費 ※事前参加申込の締め切りは、2021年6月7日(月)です。

2.申込方法
本年会への参加申込は、下記のURLからお願い致します。記入内容は下記の項目となります。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScSaHOK8xph9TKrPMXFFY66AdJKbd1eVo9n8pFFWsEf322CCw/viewform

【記入内容:URLをクリックすると以下の内容が表示されます】
(1) 参加申込内容: ( 会員 / 非会員 / 学生 )
(2) 参加者名: 地薬 太郎(チヤク タロウ)
(3) 所属先名: ○○大学△△学部●●研究室 / ○○株式会社 △△部
(4) 所属住所(個人の場合は自宅): ○○県△△市●●町1-2-3
(5) 連絡先電話番号: ○○-△△△△-●●●●
(6) 連絡先メールアドレス: chiyaku@△△△.jp
(7) 会員登録状況: ( 会員 / 非会員 / 入会希望 )
(8) 一般演題発表: ( 希望 / 希望しない )


3.年会参加費振込先
振込口座
■みずほ銀行荏原支店 普通預金
■店番号:216
■口座番号:3028886
■口座名義:第24回 日本地域薬局薬学会 年会
■備考欄:振込人の氏名、連絡先をご記入ください。


<第24回 日本地域薬局薬学会年会事務局>
〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
星薬科大学
湧井 宣行
TEL : 03-5498-5760(直通)
E-mail: n-wakui@hoshi.ac.jp


ページの先頭へ